--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2014年05月14日(水) 記事No.673

そもそも「スタメン」でないベンチスタートの選手は、チームの誰かがへばったりケガした時の為に居るのだし…

何時でも出られる様に、アップして置くことは「チームメートのトラブルを祈ってる」事ではないはずです

『補欠になってクサっている奴は、いざ出番が来た時に準備不足で役に立たない』との言葉があります。

千載一遇のチャンスが廻って来た時に「準備不足で他の選手に奪われる」事だけは避けて欲しい!!

気持ちの持って行き方が難しいやろうと思いますが…

大久保選手が日本代表チームに馴染むのを手助け出来るのは中村選手しか居ないのだから、自ら進んで『棄て駒』になって欲しいです

→ 前回の川口選手の役割です

それが「日本サッカーの為」「サッカーファンの為」であり、

何より、『今まで日本代表として頑張って来た自分自身の為』だと思います

あと2ヶ月、頑張って下さい!!
*´▽`)/~~


W杯メンバー落選の中村憲剛「喪失感は一生忘れられない」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=138&from=diary&id=2881236 中村憲剛オフィッシャルブログ

【感謝。】

こんばんは。

みなさんご存知の通り、今回、ブラジルワールドカップで戦う日本代表23名から落選しました。

落選から1日経ち、いろんなことを考えました。当たり前のことですが、やっぱり自分にとってブラジルW杯というのはとてつもなく大きなウェイトを占めていたものだったみたいです。

昨日は朝4時まで眠れませんでした。

この4年、ここに入るためにいろいろと頑張ってきたんだなって。
そこに入れない、行けないって決まった時のあの喪失感は一生忘れられないと思います。

なので、これは怒られてしまうかもしれませんが、本当に一瞬、一瞬ですがどうでもよくなりました。ACLもリーグ戦も何もかも。

ただ、どんなに最高な日でも、どんなに最悪な日でも、必ず次の朝は来るわけで。
練習があったり、試合があったり、奥さんと話したり、子どもたちと話したりと日常に触れていきながら少しずつこの事実を消化していけるのかなと今は思っています。

たくさんの皆さんが、こんな俺の落選を悲しんでくれて、話題にしてくれたこと周りから聞きました。
J2から始まったプロサッカー人生、あれから12年経ち今年で34歳になるサッカー選手がここまで期待されたこと。サッカー選手してこれほど嬉しいことはありません。
改めて、その期待に感謝するのと同時に、その期待に応えられなかったことが本当に悔しいです。


今日、ACLの公式練習でボールを蹴ったら、その瞬間は落選したことを忘れていました。
ああ、サッカーって楽しいなって。サッカーって凄いなって。
だから、ボールがあれば、サッカーがあれば俺は前を向いていけると思っています。
今まで辿ってきた道は間違っていなかったと思うし、今までやってきたことに悔いは一切ないので。

そして本日、予備登録メンバーに選んでいただきました。
でも、呼ばれるということは、23人のメンバーに何らかのアクシデントがあるということです。
俺はそれを望みたくはない。でも過去の例を見ても何が起こるかわからないのがW杯です。だから、その時のためにしっかり準備をしておくのは登録メンバーに入った者の義務だと思います。

最後に、いつもどんな時も温かく見守ってくれるフロンターレのサポーターの皆さん、最後まで応援と後押し本当にありがとうございました。
楽しみにしてくれていたと思いますが、期待に応えられずすいませんでした。
ここまでもそうでしたが、これからもフロンターレの勝利の為に一生懸命頑張ります。

中村憲剛
関連記事
スポンサーサイト
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。