--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2013年10月04日(金) 記事No.664
我々第三者が心に刻むべき事は…

・何があっても彼女の行為を「軽率」「無謀」等と非難してはいけない事。

・彼女と同じ様な場面に遭遇した時に「どうするべきか」を正しく理解する事

ではないでしょうか?


震災の時に、命懸けで水門を開けようとして、車椅子の人を助けようとして、沢山の人がなくなりました…

彼らの行為を「罵倒」してはいけません…

でも同じ悲劇を繰り返さない為に、「どうするべきか」を学ばないと、彼らの尊い犠牲が無駄になります。


勲章を貰った事で、家族の気持ちが楽になるなら、それで良いと思います。


一番良くないのは、何もしないで、パソコンやスマホでニュースを読みながら、言いたい放題言ってる人達です…

→ 自分達の戯言で、被害者家族がどれ程傷付くか、考えてみて欲しい

■村田さんに紅綬褒章=踏切で高齢者救助―政府
関連記事
スポンサーサイト
シリアス日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。