--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2013年08月12日(月) 記事No.658
hamada_syougo

僕の父親とは6年しか一緒に居られなくて、その中で記憶がある2~3年の間、父はいつも笑っていました。
父は何時も優しかった。。。

その後突然の父との別れを経て、時々父の事を思い出す時、、、
「優しさ」=「弱さ」の様に感じて、少し父に対してネガティブなイメージを抱いて居ました。

いじめられるのが怖くてヘラヘラ愛想笑いを繰り返している、子供の頃の自分の姿にに重ね合わせて。。。

でも大人になった今、自分の間違いに気付きました。

人に笑われても、利用されても、舐められても、決して曲がらない。。。
何があっても自分の信じる道を、真っ直ぐに突き進む。。。
それはヘラヘラと時流に流される人間には決してできない事。

そう、、、

優しさは強さなんだ!

と、しみじみと解りました。

電車の中で偉そうにふんぞり返って大股を広げている奴、
インターネットで姿を隠して、他人の批判や誹謗中傷を繰り返している奴、
アジアの国と手を取り、理解しあい、心を通わせようともせずに拳を振り上げる連中、

そんな連中に屈せず、流されず、自分の意見を正々堂々とぶつけて、信念を曲げない。。。

そんな大人になりたいと思います。


【浜田省吾 2013年 NHK Live より】

有名だからといって人に敬意を持って接してもらえるとは限らない。

金を持っているからといって人に尊敬されるわけではない。

喧嘩が強いからといって人に慕われることはない。

人が尊敬し慕い敬意を感じる人とは、どんな人物だろう。

国家や民族に関しても、同じように考えてみてはどうだろう。


先の大戦が終わり、骨の髄から戦争に嫌気がさし、二度と戦争という愚行を繰り返さないと肝に銘じたはずなのに。

アジアの空気に争いや戦さの匂いが微かに漂ってきていると感じないか。

インターネットという新しいメディアが、子供の戯れのような言い合いから始まる暴力をあおってはいないか。

まさか・・・という緩みが蔓延していないか。

世界は優しく愛に満ちた人間だけがいるわけではなく、どうしょもなく卑劣で愚かな人間や

闇が存在している現実も子供達に教えなくてはいけない。

ナイーブなままでは生きれない。

しかし、それでも圧倒的に多数の人々は思慮を持ち、静かに調和の中で暮らしている。


このことを子供達に伝えなくてはいけない。

子供だからといって、純粋で無垢なままでは無い。

その白紙のページに何が書き込まれ、どう染まっていくかは大人次第だ。

そして、大人だからといって、年を取る以外に何かを学んでいるとは限らない。
関連記事
スポンサーサイト
シリアス日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。