--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年01月03日(日) 記事No.505
20100103143411

こんにちは~(^^ゞ

初打ちの結果は、どうでしたか?

元旦は寒かったため、マイホは『超満員』でした!
(^○^)


→負けましたが何か…
…… _| ̄|〇 i||||


でもこんな時でも1割~2割程度の客付きの店もあります。今日はそんな店の収支状況を、試算してみました。


【客が200人】
勝つ人=50人
トントン=50人
負ける人=100人

売上=(100-50)*2万円
→100万円


【客が100人】
勝つ人=0人
トントン=50人
負ける人=50人

売上=(50)*2万円
→100万円


【客が50人】
勝つ人=0人
トントン=0人
負ける人=50人

売上=(50)*2万円
→100万円


ここでの「売上」は、光熱費や新台の入れ替え費用など、『絶対に必要な費用』を含んでいます。
ですから、仮に店員さんがタダ働きしても、ゼロにはなりません…


どうですか?


僕は今まで漠然と「客が半分なら、儲けも半分」と思ってました…

でも、イチパチ等で客単価が下がり、ド派手な演出の為に新台費用がかさむと、稼働率の低下は致命傷となります。

要するに、「客が半分なら誰も勝てない」「客が4分の1なら必ず全員負ける」事になります!

この計算では、稼働率が3割を下回る店では、『誰一人として、勝たせる訳にはいかない』訳なのです!


客の落ち込みを防ぐ為に、一時的に「大サービス」する店は別として、、、

一年以上低い稼働率を保っている店は、(気の毒ですが)『原理的に必ず客が負けるしかない店』なのです!


パチンコの勝率は、まず「店選び」で大きく左右されます。

文字通りの『ブラックホール』ではなく、『飴と鞭』のお店を選びましょう!
(^.^)b


このブログが気に入った方、他のパチンコブログを読みたい方は!

下記のバナーをクリックして下さい!

にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へにほんブログ村 パチンコブログへにほんブログ村 パチンコブログ パチンコ日記へ

携帯の方は、拍手応援をお願いします!
関連記事
スポンサーサイト
オカルト理論 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。