--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年11月03日(火) 記事No.499
20091103112254


こんにちは~ (^-^)

先日パチンコを打つ時に意識する『3つの要素』について、お話ししました。

今日はその中の『お店の力』のリバースモードに関して、引き続き吟じさせて戴きます。
(^.^)


<お店の力の3モード>
(1)「D」ドライブモード
(2)「R」リバースモード
(3)「N」ニュートラルモード


今日は、「タブー中のタブー」である、「R」です!
【実例】
・初代冬ソナで「チュンサンカットイン」外れ
・ミサトの部屋1回転目リーチ外れ
・エバの上段4リーチ外れ
・ミッション『完逐』後、リーチ外れ


【谷村先生語録】
「激アツリーチが外れたら、少し[お詫び]を待って、当たらなかったら台移動」

【リバースモード】
詳細は不明ですが、このモードでも、「フラグの書き替え」が起こります。
「フラグ」とは、当たり/外れを決めるだけの情報です。

【リーチ演出】
これはサブ基盤で選択されますが、「リバースモード」でも、サブ基盤までコントロール出来ません。

【鉄板外れのカラクリ】
ニュートラルモードでは、あり得ない現象です!

まず「サブ基盤」が『当たり』と判断した時に、『当たり演出』のリーチが、掛かります。
そしてその後、「フラグ書き替え」により、『強制的に外れ』にされるのです!
この時に『当たり演出』が、鉄板やプレミアだった時が問題です!

「鉄板」は、見間違い?とかで誤魔化せますが、『ミッション完逐』でリーチが外れると、サブ基盤内部で不整合が発生し、「エラー」になります。


良く雑誌とかで、鉄板リーチを「99.9%」とか、ワザワザ書いているのは、この為です!
→100%と書くと、外れた時の責任が、雑誌社のせいにされますから。


【台の演出】
ここで注意したいのが、「激アツリーチ外れ」です!
リバースモードでも、当然「鉄板」以外は、外れます。

でも良く見ると、3通りあります。
①派手だか、「外れ確定」リーチ
②外れたが、「好調印」(お詫び期待)リーチ
③「これは絶対当たらないといけない!」→外れ リーチ

①は即辞め
②は様子見
③は店移動

何度か③を見た店は、「蟻地獄」ですから、行かない方が賢明です!



この記事が気に入った人や、他のパチンコブログを読みたい人は…
下記バナーを叩いて下さいね!

きっと素敵なパチンコブログが沢山見つかりますよっ!

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

携帯の方は、拍手応援お願い致します! m(__)m
関連記事
スポンサーサイト
幻の記事 |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。