--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年03月17日(金) 記事No.40
:*:(人´ω`):*:

我が家はいつも夫婦でパチンコに行きます....最初の頃は、可愛く羽根物を打っていたんですが、徐々にCR機にシフトして行きました。
確か初めて打ったのは、忘れもしないあの....(゜_゜) あの....(。_。) あ゛の~~(-_-)zz
→忘れました!(;^_^A
確か聖飢魔Ⅱのデーモン小暮の台でした!
あの頃は「確変」の意味も分からず、嫁さんに聞いても「確率変動!(-_-)」との答えが返って来るだけ.... (-.-;)
確か『不二子にお任せ』で確変が当たった時、スルーの釘が悪く、確変中も玉が減ってしまう台だったので、確変中200回転位ハマった時点で上皿の玉がなくなってしまいました。そこで店員さんを呼んで換金し、打つのを辞めた事があります....(羽根物時代の習性です)
その時の店員さんの、(ノ゜O゜)ノ え゛っ! みたいな顔と、嫁さんの『確変中やのになんで辞めるんや~(゜Д゜)アンタバカ~?』と言う絶叫が、今でも脳裏にこびりついています。(*´Д`)

→んだから、確変って何なのよ~(`o`;)って聞いても『100%次の当りが確定!』との回答....
→「200回転も回したのに、当たらんやん!」(;-o-)....って言うと、「玉減らへんから関係ないやん!」(゜Д゜)....との回答

→「上皿の玉なくなったやん!」って反論した時点で『嫁号機、完全に沈黙・・・』
 〇| ̄|_ガックシ...
その後確変中の嫁さんの台で、チューリップ(死語)がパカパカ開く様子を見て、『どこに玉が入ったら、チューリップがあんなにパカパカ開くの~(@_@;)』って真剣に悩みました!(チューリップ台時代の習性です)

あの頃の僕は、若かった....  ( ̄_ ̄+)

つづく
関連記事
スポンサーサイト
パチンコの話 |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。