--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年03月02日(木) 記事No.34
偉そうに聞こえたらスイマセン....

僕も以前不眠症に苦しんだ苦しい時代がありました。結局僕が行き着いた答えは「チャランポランで、いい加減な人間になろう」でした。

何が起こっても「わしゃ知らん」誰かに迷惑が掛かったり誰かを困らせても「まぁエエやん」

今まで自分に厳しく厳しく生きていたのに、ある時から「自分に優しく」「自分に甘く」生きる様に、意図的に心掛けました。


電車に遅れそうな時も走りません。寝坊したり喉が痛かったりしただけで会社を休みます。
どんなに忙しくても、ゆっくりご飯を食べます。
仕事がトラブっていても、いつもと同じ時間に出社して退社します。

それまでは、ひた向きに精一杯、全速力で真っすぐに走る事しかしませんでした。
でもいつの間にかそんな自分に酔ってしまっていたのです。
そしてやがて、そんな自分に押し潰されて行ったのです....


プレッシャーに押し潰される人は皆、責任感が強い真面目な人です。
ヘラヘラ笑って無責任でいい加減な人なんて、一人も居ません。

でもそう言った人達が本当に幸せな時間を過ごしているのでしょうか?
本当に充実した人生を過ごしているのでしょうか?

僕にはそう思えません。


自分の設計ミスで工場が止まった時、青い顔をしている人と平然としている人とでは、前者の方が好感が持てます。
でも有効な対策案を出すのは実は後者なのです。

そして工場の人が感謝するのもやはり後者です。


 それなら前者がオロオロとうろたえて、アレコレと冷や汗を流して悩んでいる事に一体何の意味があるのでしょうか? 

実は何の意味もないのです。彼はただ真面目な自分に酔っているだけなのです。

 もちろんそうは言っても、アレコレ考えて悩んでしまうのが人間です。でも自分からわざわざ進んで、自分にプレッシャーを掛ける必要なんてないんです!


 最近毎朝の様に電車が遅れます。尼崎で人身事故があるからです。

年度末で資金繰りがつかない経営者が新快速に....


他にもっと選択肢があるのに、「これしかない」「こうでないとならない」と自分で自分のハードルを勝手に上げてしまって、カチンコチンに固まってテンパってしまっているのです....

でもそれでは自分の命が可哀想です。
せっかく生きているのに、虚しく脈打っている心臓が泣いてしまいます....


「悲しい事など何もない、苦しい事など何もない、ただそう思う心があるだけ」....
難病の為に話す事も字を書く事も出来ない子供が言った言葉です。

今まで僕が聞いた言葉の中で最も重いと感じた言葉です....


両手足を失ったら絶望して死にたくなるのに、鳥のように空を飛べないからと言って、死にたくなる人は誰もいません。

それは「人は手足がなかったらいけないんだ!」「自分は手足がないから不幸なんだ!」って、勝手に自分で自分を縛り付けているだけじゃないでしょうか?

空を見上げれば抜ける様な青空が広がり、前を向けば一面に満開の花が咲いているのに、目をやるのは雨でぬかるんだ自分の足元だけ....

それはそれでその人なりの生き方ですから、僕が口出しする事ではないんですが、やっぱり少し切ないです....

 実際に「チャランポランでいい加減な人間」は正直言って僕も好きではありません。
そう言う人間を尊敬もしません....

ただ「それ位の気持ちで生きていて丁度良い」位の人間もいるのです。


ダイビングに行くとバリアフリーのショップを見かけます。
海の中では足が不自由でも関係がないから、車椅子の人達がどんどんダイビングをするからです。


今までマイナスだと思っていた事が全てプラスになる、そんな世界も存在するのです!


本当に苦労したり辛い思いをした人達だけが、人の心の痛みが分かる優しい人になれるように....




もしこの記事が気に入ったり、共感して戴けたら、

下記バナーを叩いて下さいね!

きっと素敵なパチンコブログが沢山見つかりますよっ!

にほんブログ村 パチンコブログへ
関連記事
スポンサーサイト
シリアス日記 |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。