--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年10月30日(火) 記事No.299
20071030181922
こんにちわ~(^ー^)

先日の亀田興毅選手の謝罪会見の後、ワイドショーのコメント…

『二十歳そこそこの長男に謝罪させた、亀田家の戦略は巧妙だった』

『やはり父親が謝るべきだ!』云々…

僕はニュースで少し見ただけですが、彼は本気で謝っていると思いました。
不器用で短気で、「父親失格」の烙印を自らに押した父親の分まで…

評論家の先生は、批判するのが仕事ですが、、、
→そんならお前が同じ事したら、あそこまで謝るんか~

…と、突っ込みたくなりました。

日本中を敵に回し、兄弟揃って頭を丸め、全ての罪を認め… 

あれ以上、土下座に近い謝罪会見を、今まで見た事がありません…

勿論、どうにもこうにも逃げられなくなってから謝る人は沢山居ます。

でも、本当に悪い事をしたと思って謝る人は少ないです…

僕自身もそうです。

まだグタグタ言っている人達には、『もうエェやん』と言いたいです。

済んだ事は水に流し、

これからの正々堂々とした男らしい試合に期待し、

ボクシング人気が益々盛り上がる事を願います。
(^-^ゞ

そして彼の姿から、『謝る』と言う事の大切さと、難しさを学びました。

ガンバレ、新生亀田兄弟!
(^-^)/
関連記事
スポンサーサイト
シリアス日記 |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。