--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年04月27日(金) 記事No.202
20070427101715


こんにちわ~(^ー^)

ついにこの話が出来ますね~(^.^)b

本当に我ながら長いウンチクでしたよ....
(^。^;)>

今回は僕なりの強引な『オスイチ理論』です!
:*:(人´ω`):*:

前回の記事では大当たりには、『絶対回転数』は関係ない!
....と書きましたが、それだけでは説明出来ないのが『オカルト回転数』なのです!(^o^)

ここを読んで戴いている方々がエバ2やエバ3でオカルト回転数を実感しておられる様に....
どう考えても『当たり易い回転数』は存在します!
( ̄~ ̄)ムーンッ

では一体どうなっているのでしょうか?(@_@;)


まずここで一つのヒントが『確変突入率』です。
パチンコは、当たりを引いてから再抽選しているのではなく、的の中に確変当たりと通常当たりが存在し、その数で確変突入率が決まります!

公的機関は、『怪しげな確率計算』を信じてくれないため、確変突入率も当たりの数の比率で決めさせるのです!

一昔前の台は確変突入率が50%だったので、的の中に単発当たりと確変当たりが一つずつで済みました!


でも今は違います....
( ̄ー+ ̄)


例えば冬のソナタでは、『62%』です!

これを実現するためには、どんなに少なくしても、単発当たり19個、確変当たり31個必要です!
Σ( ̄□ ̄||)ギョ!

これはつまり、1秒間でクルクル回っていると思っていた的が、実は50倍もある巨大な的であり、一周するのに50秒も掛かってしまう事を示しているのです!

僕が思うには、この的は実はさらに大きくて、一周するのに200秒も掛かり、大当たり部分が200ヶ所もある様な『お化けダーツ』なのではないかと言う事です!(^o^)

そしてその中にある当たり部分の配置には何の制約もありません....
(;¬_¬)

そうです!「激アツゾーン」を作れるのです!
( ̄ー+ ̄)


つまり200個ある大当たりポイントを1箇所にまとめます!(^o^)

そこでは当たり1つと外れ9個を順番に並べます!

すると、全部で2000個もの『激アツゾーン』が完成します!

この激アツゾーンが目の前を通過する時間は、約6秒!

その間に刺さった矢は、確率1/10で当たります!

 オカルト回転数でデモ出しした時や、千回ハマリで暫らく放置されていた台がこのモードに入るとしたら....

→そうです!打ち初めて200秒間だけが『チャンスタイム』なのです!(^o^)



 「激アツゾーンがあるって言っても、別に当たる確率は同じやん!」って思う人も居るかも知れませんね....
ノ(-_-;)


それなら一周するのに1時間掛かってしまう、もっと巨大な的だったらどうですか?!( ̄ー+ ̄)

この時は、100%当たる『鉄板ゾーン』を作る事が出来ます!

そしてこの『鉄板ゾーン』が目の前を通過するのが、約12秒!(^o^)

この間に1発でもチャッカーに入ったら「大当たり」です!o(^-^)o

もちろんデモ出しによって、この巨大な的は『鉄板ゾーン』直前で止まっています!(^.^)b


何がなんでもオスイチ決めさせようとしたら、こんな事も出来るんです!

もちろんここで外したら、59分間『砂漠ゾーン』を彷徨う事になりますが....(-ω-;)


皆さんも打ち出して最初の千円で激アツリーチが何回か掛かったので、「少し様子を見よう」と思って粘ったが、後はパッとしないまま1万円以上飲まれた事はありませんか?

最初の3分間の「お祭りモード」で当たらなければ、その後は「通常モード」や「砂漠モード」が待っているのかも知れませんね....
(;¬_¬)

この方式はもう少し工夫する事で、『単発地獄モード』や『確変無限連チャンモード』を作り出す事も出来ます!(^.^)b


次回は『単発地獄モード』や『確変無限連チャンモード』の作り方を語ります!

へ(^。^)/″

つづく....


この続きの記事が読みたい人、『今回は解った』人、他のパチンコブログを読みたい人は、
下記バナーを叩いて下さいね!

きっと素敵なパチンコブログが沢山見つかりますよっ!


にほんブログ村 パチンコブログへブログランキング人気ブログランキング【ブログの殿堂】
関連記事
スポンサーサイト
オカルト理論 |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。