--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年01月22日(月) 記事No.167
83i82R.jpg

こんにちわ~(^o^)

冬ソナの1000回転ハマリの確率の高さに驚いた方も多いと思います!
→では何故そんな事が起こるのでしょうか?

そもそも1/317の確率って何でしょう?(@_@;)

それは1枚だけ当りがある317枚のカードを裏返して、順番に捲っていくゲームと同じです!(^ー^)
この場合、1枚目で当りを引く事もありますが、317枚目で当りを引く場合もあります。

だから一見パチンコと同じ様に見えますが、実は違います....

それは「1枚外れを引く度に、当たり確率が上がって行く」事です!

つまり1枚目が外れたら、2枚目を引く時は1/316の確率で当りを引けます。3枚目を引く時は1/315の確率で当りを引けるのです。そして317枚目を引く時は100%の確率で当りを引けます!(^ー^)
→これが『確率の収束』です!

もっと数を増やして、317億枚のカードの中に1億枚の当りがある場合も同じです....
→これが本当の意味での『1/317の確率』です!

これに対してパチンコはどうでしょう?

パチンコは、「1枚カードを引く度に1枚外れクジを足して行く」事になります!

これでは仮に317億枚のカードを引いても、当たりを引ける回数は原理的に1億回を下回ります!
→それは『確率の収束』がないからです!


「ギャンブルなんて、そんなもんや~」と聞き流さないで下さいね!
(^.^)b

宝くじでも、福引きでも、賭博でも、競馬でも、ルーレットでも、必ず『確率の収束』は存在します!
だから100億人近い人間が示し合わせて、別々の組み合わせの券を買ったら、必ず誰かが当たります!

でもパチンコにはそれがないのです!(-ω-;)


それって理不尽ですよね?ノ(-_-;)

→何より1/317の確率を信じて、ボーダー計算している人は、根本的に計算をし直さないといけない事になります!


①「1/317」と言いながら、計算上「1/317」以下でしか当たらない確率....
②明らかに実情と合わない、冬ソナの1000回ハマリの確率計算....


明らかに何かおかしいですよね....
(;¬_¬)アヤシイ....


そこに『確率調整』と言う言葉が聞こえて来るのです....
( ̄ー+ ̄)

次回は『内部確変の謎』に迫りたいと思います!
(^O^)/


もしこの記事が気に入った人、もしくは続きが読みたい人は、

下記バナーを叩いて下さいね!

きっと素敵なパチンコブログが沢山見つかりますよっ!
(決して怪しいバナーではありませんのでご安心を...)

にほんブログ村 パチンコブログへ
関連記事
スポンサーサイト
オカルト理論 |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。