--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2006年11月01日(水) 記事No.143
20061101093735


現在発売中の『パチンカー12月号』の1コマです。立ち読みでも良いので、一度読んでみてはどうでしょう?(^ー^)

この漫画には、僕が理想としているパチンコ屋さんが描かれています。

もちろんお客さんへのサービスだけでは、パチ屋は潰れてしまうと思います。
でもサービス業なのだから、自分の店の収支を悩むのと同じ位、「どうしたらお客さんが喜んでくれるのか?」を真剣に悩んで欲しいです....

ターミネーターみたいに無表情で、機械的にドル箱を交換する店員さん....(ー_ー)
呼び出しランプを押しているのに、ゆっくり他の台のドル箱を下げている店員さん....<("o")>
→時々隣の席の人のドル箱を、僕が下げてあげたりしています。( ̄⊥ ̄;)
打つ台を捜している人を突き飛ばして走って行く店員さん....(;´Д`)
何より連チャンが続いた時に、面倒くさそうにドル箱を下げられると、すごく罪悪感に苛まれます.... (-ω-;)

今はなくなってしまったお店に、僕達夫婦が大好きな店員さんがいて、大ヤマト2の再抽選の時には、3人で大騒ぎしながら昇格を祈ったものです....

ニコニコ笑っても、時給1000円....ムスっとしていても、時給1000円なのかも知れません....
 優しい店員さんがいても、換金率が悪かったり大型店が出来たりして、結局そのお店は潰れてしまいました....

でも僕達と一緒に昇格を見守っていた店員さんの顔は、本当に楽しそうでした....
 そして僕達夫婦も、決してあの店員さんの事を忘れません....
 いつまでも、いつまでも....

:*:(人´ω`):*:

もしこの記事が気に入ったら、(気に入らなくても)

下記バナーを叩いて下さいね!

きっと素敵なパチンコブログが沢山見つかりますよっ!
(決して怪しいバナーではありませんのでご安心を...)

にほんブログ村 パチンコブログへ
関連記事
スポンサーサイト
パチンコの話 |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。