--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2016年05月15日(日) 記事No.675
金スマ観て、思わず久し振りに更新します!


まず最初に、ベッキーの問題は「当事者間」の問題であり、どこかの知事みたいに誰かから告発を受けるべき問題とは質が違う事だと言いたい。(勿論僕も部外者ですが、、、)

【ベッキーのブログコメント】
ベッキーのブログのコメント数は先程9600以上ありました。
応援したくて2回コメしましたが、2回目の分は内容が過激で跳ねられたので、こちらに書きます。

コメントの内容は概ね「応援します」「以前は批判していたが金スマ観て応援したくなりました」的な内容です。
岡村さんがラジオで言っていましたが、世間の大半の人が「興味がない」「何とも思っていない」のに『声高な少数派』が何度も執拗に批判コメントを送るので、世界中が彼女を批判して居る様に捉えられていたのが実情でしょう。
実情が解らず彼女が何を考えているのかも解らなかったので、僕も正直「勝手に引退でも何でもしたら?」的な気持ちでした。

今回ブログに書かれたコメントを読んでみると「初めて芸能人のブログにコメントします」と言う人が多かったです。普段の彼女のブログに書かれるコメントが70件程度だとの事なので、その百倍以上のコメントがあった事になりますね。

今回の金スマを観ていて共感して涙が出たのは「人を傷つけてしまった苦しみ」です。
実情を知らなかった、恋に溺れてしまったと言えども誰かを深く傷つけてしまった事は、普通の感情の人間にとっては耐え難い事でしょう。そして何よりみんな大なり小なり傷つけられたり傷つけたりして生きてきました。それが普通の人間なんだと思います。

【記者会見】
尾木ママのブログでは「ちゃんと記者会見するべき」との意見もありましたが、車メーカーの不正問題や政治家の不倫とは違うので必要ないと思います。
今回の放送でもベッキーがグニャグニャになりそうな処を中居君が上手く叱りつけて彼女の本音を導き出してましたが、これが彼女一人が「裁判所」の様な記者会見場に引きづり出されていたら、、、多分今回の様な内容にはならなかったでしょう。昔の都知事が耳から汗を流すという奇妙な特技を披露したように、自分に問題がある場合の記者会見で「本音」で話をするのは難しいのです。→ひたすら「スイマセン」を繰り返す「説明なき謝罪」は、よく見ますが、、、
今回の件でまた記者会見を開いて、「賛否両論闘争」に発展した場合に、それに巻き込まれて辛い思いをするのは『奥様』なのではないでしょうか?

【批判コメントを送る人】
ベッキーのブログコメントで未だに批判している人は「私も不倫されて地獄に落ちた」的な人が多かったです。
でもそれって「アンタ部外者やろ?」と思います。
もっと正確には「奥さんの事をダシに使って、自分の恨みつらみをベッキーにぶつけているだけやろ?」って思います。
これだけ大騒ぎになってしまって、奥さんも結果的にベッキーを地獄に落としてしまった事に苦しんでいるかも知れません。(そうでなかったら、ベッキーに会ったりしないでしょうし)
そこに第三者が便乗する権利はないのです。
奥さんのお腹には子供さんが居るとの話もあります。その子が生まれて来た時に自分の母親が恨みつらみに凝り固まって生きていたらどんな気持ちになるでしょう?(ドラマ罪と恋を思い出します)
いつまでも人を憎み続ける人は、いつまでも幸せにはなれないのです。

【放送や復帰の可否について】
今回の金スマの放送の可否や復帰の可否を決める権利は奥さんにしかありません。
ベッキーもそれを解っていて、順番を守ったのでしょう
 ①奥様への謝罪が受け入れられる
 ②金スマの録画を行う
 ③奥様に謝罪し、金スマの放送可否と復帰の可否のお伺いを立てる。
 ④許可されたので、放送GOと「復帰への活動」を開始する。

TBS以外の放送局が出し抜かれて事を激怒し、記者会見なしでの復帰に難色を示している(事務所の不手際)との話を聞きましたが、ベッキーは「奥様」と「ファン」の事しか考えていない(根回しなんか二の次)のではないのでしょうか?
今回の件をブログに書いて、(一部公開制限はありますが)自由にコメントできる様にしているのは、「迷惑と心配を掛けたファンに向き合いたい」との意思の表れだと思います。

【今の想い】
中居君に突っ込まれて気丈に「好きじゃありません」と答えていましたが「好きだったんだね」と言われて泣き崩れる姿が今の気持ちを物語っていました。一度本当に好きになった人と別れる時は『自分の身体の一部をもぎ取られる』様な気持ちになりますから、、、 でも次に誰かを好きになって今度こそ幸せにゴールイン出来た時に、この時の気持ちが必ず役に立ちます。『今度こそこの人を絶対に手放したりしない』と強く思えますから、、、

【追記】
 
スポンサーサイト
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2015年08月01日(土) 記事No.674


めっちゃ久し振りです。 落ちてません! ゴマです!
ほとんどブログのアップ方法も忘れましたが、これだけは伝えたくて更新します!

正直特に政治には興味ないし、その時によって支持する政党も変えていますが、、、、
『どーでも良い』訳ではありません!
言いたい事は言わせて貰います!

はっきり言って『集団的自衛権』は、【人殺しを積極的に行う為の法律】です。

どんな方法にしろ、「武器を持って攻撃したら」「確実に何人かの人命は奪われる」のです。

日本人のモラルの高さと誠実さと、海外で貢献している人達の努力のおかげで、日本でのテロが抑止出来ているのだと思います。
アベノミクスによる円安のお蔭で、正直助かっています。
でもだからと言って「何でもかんでも賛成」ではありません!

強行採決するような事があれば、日本中を敵に回す事になる事だけは、明言して置きます!



日記 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年05月14日(水) 記事No.673

そもそも「スタメン」でないベンチスタートの選手は、チームの誰かがへばったりケガした時の為に居るのだし…

何時でも出られる様に、アップして置くことは「チームメートのトラブルを祈ってる」事ではないはずです

『補欠になってクサっている奴は、いざ出番が来た時に準備不足で役に立たない』との言葉があります。

千載一遇のチャンスが廻って来た時に「準備不足で他の選手に奪われる」事だけは避けて欲しい!!

気持ちの持って行き方が難しいやろうと思いますが…

大久保選手が日本代表チームに馴染むのを手助け出来るのは中村選手しか居ないのだから、自ら進んで『棄て駒』になって欲しいです

→ 前回の川口選手の役割です

それが「日本サッカーの為」「サッカーファンの為」であり、

何より、『今まで日本代表として頑張って来た自分自身の為』だと思います

あと2ヶ月、頑張って下さい!!
*´▽`)/~~


W杯メンバー落選の中村憲剛「喪失感は一生忘れられない」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=138&from=diary&id=2881236
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2014年02月22日(土) 記事No.672

メダルなんか関係ない


点数なんかどうでも良い


もう無理して優等生を演じたり、涙を我慢する必要もない


日本中がこの日を待っていました

日本中がこの笑顔を待っていました

4年間の悔しさや辛さや重圧が、彼女の頬を流れて行きました


手ぶらでも満面の笑顔と充実感で帰ってくる彼女を、我々も拍手喝采で迎えてあげましょう

ヽ(*′▽`)人(*′▽`)ノ


最高の滑りを有難う…


僕はこの日を忘れません…
僕は彼女を忘れません…


世界最高のスケーター
『浅田真央』
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年12月25日(水) 記事No.671



血だらけて演技を終えた時に、「終わった…」と思いました…

でも今まで日本代表のトップとして、女子やペアやアイスダンスのメンバーまでも励まして来た姿は、誰もが知っています!

昨年の全日本で鈴木さんが惨敗して号泣していた時も、必死で励ましていましたし…

本人は絶望しているのに、小塚崇彦選手と女子フリーを観戦したのも「頼んだぞ」の気持ちの表れだったのかも知れません。




今の代表メンバー全員から尊敬され慕われているリーダーは、高橋大輔しか居ないでしょう。

高橋大輔があの惨めな姿のままで、落選し引退したら日本代表メンバー全員の士気が上がらず、そのしわ寄せが小塚崇彦にのし掛かり、全員の気持ちがバラバラになったかも知れません。

もし全員がメダルを逃したら、小塚崇彦は何を言われるか分かりません。

そんな風に日本中を敵に回すなら、小塚崇彦も後四年間頑張って欲しい!


高橋大輔が出ないフィギュアは淋しいです。何よりあの美しい演技を、もう一度最高の舞台で観てみたい!

小塚崇彦選手は不本意だと思いますが、「完全一発勝負」でない限り全日本3位では厳しいでしょう。


でもこれからは、「何故?」と言う『遺恨』を残さぬ様にするため、過去の実績や選考基準の項目を全て数値化すれば良いと思います。


このブログが気に入った方、他のパチンコブログを読みたい方は!

下記のバナーをクリックして下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ


携帯の方は、拍手応援をお願いします!
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年12月07日(土) 記事No.669
kadojun_budoukan.png







僕の応援する『Kado Jun』が、今光の中に吸い込まれ様としています。

いつかビッグになれる日を信じて、、、

音楽 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年11月29日(金) 記事No.668

友達との会話の中で…

ふと、この言葉が出てきました。

確か「エヴァンゲリオン」の中でリツコがミサトに言った言葉です。


自分でも改めてググったら…

自分と重ねて考える事が多い、シンジの心境が語られてました…


傷付きたくないから、仮面を被って心を閉ざす…

でも親しくなりたいから、近付こうとする…

そんな中で、「自分に優しく他人に厳しい」性格が、知らず知らず周りの人を攻撃してしまう…
相手の何気無い言葉や視線が冷たく感じてしまい、気軽に声を掛けられない…

それはまさに、新しい職場に馴染めずに孤立しつつある、自分自身でした


哲学者の言葉だなんて…


「エヴァンゲリオン、恐るべし
(;°Д°)…!?


見返す度に、深いアニメですよね
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年10月25日(金) 記事No.666



こんにちわ~ (^-^)

先日初めて此所を見た友達に、「まぁ、大した事ないなぁ~」…と謂われ、凹んでいるゴマです…

ノ(´д`*)


『八年間の記事、全部読んでから言えや~!わ~れ~』
Ψ(`◇´)Ψ

(ノ-_-)ノ~┻━┻


…とは、言いませんが…
(  ̄▽ ̄)


東日本大震災を予測していた事は、誰も気が付きません!!
( ̄^ ̄)
→ 2011年1月の記事参考


まぁ、とにかく…

天敵の様な本も出ましたが…

内容を見たら、「メーカーに問い合わせました」とか…
┐(´д`)┌


「アホちゃいます
\(゜ロ\)(/ロ゜)/


「チャンス目あります」「オカルト回転数あります」なんて答えたら、永久に保通協の検定通りませんがな
(;´∀`)


それでなくても、このブログでエヴァンゲリオン「使徒再び」のオカルト書きまくったお陰で『最後の使者』が検定落ちし、プログラムが完全に書き替わった&詰まらない台になってしまったのは有名な話です。
(-。-)y-~



まぁ本の内容は、当たり前の事が書いてるだけであり…
『意味不明のボッタクリ攻略法』よりはマトモですが…
「ほな1日中打てないし、毎日打てない人はどうするの」に対しては…

『打つな

で、終わりです…

工エエェェ(´д`)ェェエエ工



まぁ、このブログの「オカルト理論」を読めば解る様に、『一発抽選』と言っても抜け道は幾らでもあり、『プログラム上はそんな作りになっていない』とか言っても、何時辞めるか解らないぺーぺーのソフト屋が簡単に解る処に答えがないのは、『当たり前』です
((( ̄へ ̄井)


ただひとつ云える事は、「ACE電研」の特許の通りに、当たりが推移する事です…


気になる人は、このブログの「ブログ内検索」で『特許』を検索下さい!


ではでは

(^_^)/



このブログが気に入った方、他のパチンコブログを読みたい方は!

下記のバナーをクリックして下さい!

ブログランキング・にほんブログ村へ


携帯の方は、拍手応援をお願いします!
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年10月04日(金) 記事No.664
我々第三者が心に刻むべき事は…

・何があっても彼女の行為を「軽率」「無謀」等と非難してはいけない事。

・彼女と同じ様な場面に遭遇した時に「どうするべきか」を正しく理解する事

ではないでしょうか?


震災の時に、命懸けで水門を開けようとして、車椅子の人を助けようとして、沢山の人がなくなりました…

彼らの行為を「罵倒」してはいけません…

でも同じ悲劇を繰り返さない為に、「どうするべきか」を学ばないと、彼らの尊い犠牲が無駄になります。


勲章を貰った事で、家族の気持ちが楽になるなら、それで良いと思います。


一番良くないのは、何もしないで、パソコンやスマホでニュースを読みながら、言いたい放題言ってる人達です…

→ 自分達の戯言で、被害者家族がどれ程傷付くか、考えてみて欲しい

■村田さんに紅綬褒章=踏切で高齢者救助―政府
シリアス日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年09月24日(火) 記事No.663

半沢直樹最終回

親の仇の大和田常務に土下座をさせ、100倍返しを勝ち取った後の…

一番盛り上がった後半沢が会議室を出て行くシーンで…

「一人だけ変な場所に座ってるなぁ~」
( ´△`)


…って思って見てたら〓
(;°Д°)…!?


カメラマンでした♪(^_^;)
(写真手前)


工エエェェ(´д`)ェェエエ工
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年09月07日(土) 記事No.662
みのもんた

YOUTUBEで確認しました。

コマーシャルが終わってオンエアになった瞬間に払いのけられていましたから、あの調子だとコマーシャルの間は延々と触っていたのかも知れません。

番組出演者も「後が怖い」からか、平静を装って誰も突っ込んでいませんでしたが、、、生放送だったのが『運のつき』だったんでしょうね。。。

亡くなった奥さんが、どんな気持ちで居るのでしょうか???

★現在、YouTubeとニコ生で、「削除」『再投稿』のイタチごっこになって居るようです。検索で引っかかったと思ったら消えて、消えたと思って暫くしたら検索で引っ掛かるの無限ループみたいです。。。
日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年08月25日(日) 記事No.661




何か子供が描いたみたいな適当な「ふなっし~」やけど、本人に断りなしで適当に使ってないかい!?

『これは、ふなっし~梨』やから、ちょっとちゃいまんねん!!

…とか、中国みたいに適当な言い訳すんなや!!

「非公認の個人運営ゆるキャラ」や思って舐めてたら倍返しされまっせ!!
平〇堂さん…


日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年08月12日(月) 記事No.660
danmitsu.jpg



半沢直樹でも「らしい演技」で高視聴率に一役買いましたね。。。

嫁さん的には「きしょい」「演技が、、、」「どこが良いの?」みたいな厳しいこめんとでしたが、、、

誰か(親とか親戚とか事務所とか)のコネでのし上がるのではなく、
少しくらい売れても質素な部屋で生活していて、下記のコメントを見ても「うぬぼれたり」「調子に乗ったり」していない様に思います。

もちろん演技は「まだまだ」の感がありますが、半沢の第一部では重要な役どころを頑張って演じ切ったと思います。

これからますます活躍してほしい芸能人ですね!

【壇蜜さんコメント】
マウンドに上がる前にはマイクの前でスピーチ。

「秋田空港で止められなかったので、このまま入ってきました。

私は青島刑事の上司にもなれず、集団グループの真ん中にもなれず、携帯電話のCMも取れず、ただひたすら服を見せるより肌を見せる感じでやってきたんですけれど、このように呼んでいただいて本当に光栄です。

自分からは、生まれてすぐに東京に行ってしまったので、おいそれと故郷とは言えないのですが、このように温かく迎えてくれたことが嬉しくてなりません。

本日は本当にありがとうございます」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

 4日に行われた記者会見では「秋田の赤っ恥が上陸していいのかなと。秋田の方々の民意が心配でした」とやや不安げだったが、生まれ故郷で堂々と大役を果たした。



シリアス日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年08月12日(月) 記事No.658
hamada_syougo

僕の父親とは6年しか一緒に居られなくて、その中で記憶がある2~3年の間、父はいつも笑っていました。
父は何時も優しかった。。。

その後突然の父との別れを経て、時々父の事を思い出す時、、、
「優しさ」=「弱さ」の様に感じて、少し父に対してネガティブなイメージを抱いて居ました。

いじめられるのが怖くてヘラヘラ愛想笑いを繰り返している、子供の頃の自分の姿にに重ね合わせて。。。

でも大人になった今、自分の間違いに気付きました。

人に笑われても、利用されても、舐められても、決して曲がらない。。。
何があっても自分の信じる道を、真っ直ぐに突き進む。。。
それはヘラヘラと時流に流される人間には決してできない事。

そう、、、

優しさは強さなんだ!

と、しみじみと解りました。

電車の中で偉そうにふんぞり返って大股を広げている奴、
インターネットで姿を隠して、他人の批判や誹謗中傷を繰り返している奴、
アジアの国と手を取り、理解しあい、心を通わせようともせずに拳を振り上げる連中、

そんな連中に屈せず、流されず、自分の意見を正々堂々とぶつけて、信念を曲げない。。。

そんな大人になりたいと思います。


【浜田省吾 2013年 NHK Live より】

有名だからといって人に敬意を持って接してもらえるとは限らない。

金を持っているからといって人に尊敬されるわけではない。

喧嘩が強いからといって人に慕われることはない。

人が尊敬し慕い敬意を感じる人とは、どんな人物だろう。

国家や民族に関しても、同じように考えてみてはどうだろう。


先の大戦が終わり、骨の髄から戦争に嫌気がさし、二度と戦争という愚行を繰り返さないと肝に銘じたはずなのに。

アジアの空気に争いや戦さの匂いが微かに漂ってきていると感じないか。

インターネットという新しいメディアが、子供の戯れのような言い合いから始まる暴力をあおってはいないか。

まさか・・・という緩みが蔓延していないか。

世界は優しく愛に満ちた人間だけがいるわけではなく、どうしょもなく卑劣で愚かな人間や

闇が存在している現実も子供達に教えなくてはいけない。

ナイーブなままでは生きれない。

しかし、それでも圧倒的に多数の人々は思慮を持ち、静かに調和の中で暮らしている。


このことを子供達に伝えなくてはいけない。

子供だからといって、純粋で無垢なままでは無い。

その白紙のページに何が書き込まれ、どう染まっていくかは大人次第だ。

そして、大人だからといって、年を取る以外に何かを学んでいるとは限らない。
シリアス日記 |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2013年08月03日(土) 記事No.657
hamada.gif

【浜田省吾2011年blogより】
楽しいこと、嬉しいこと、幸せな気持ちは分かち合うことが出来る。

一緒に笑ったり、ふざけたり、はしゃいだり、愉快な時間を共に過ごせる。


しかし、苦しみや悲しみはを共有するのは難しい。

難しいどころか、出来ないといった方がいいのかもしれない。

痛みを想像することは出来る。

けれど、苦しみや悲しみに同化することは出来ない。

時には、それが自分の身に起きたことではないことに安堵し

その気持ちに気付き、負い目を感じ、罪悪感を持ってしまう。

慰めや励ましの言葉を口にしようとすると、その空しい陳腐な響きに気付き、黙り込んでしまう。

その沈黙の中で、幾つもの夜が明けてゆく。
シリアス日記 |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。